2003年6月アーカイブ

またれ。

* 追記 *
デジカメでは無理があったらしい。
文書系はぼやけて全然見えなくなってしまう…
やはりスキャナがほしいのぅ。

変な日記になっちゃったな。。(^-^;
なんか画像でもあげるか。


* 更に追記(7/1) *
結局時点物に。
まぁぶっちゃけカールコードが好きなので欲しかったに尽きるんですが。
売ってれば買いますよ。新しいの(ぉ

コンタックを飲んで強制睡眠している時からその事の重大さに気づくべきだった。
いまや処方箋で睡眠薬を処方さてれる人ですよ。
なんつーか為るべくして為ったって感じか。

まぁ私のように常日頃から精進を心がけている者ともなると(傲慢)
常に何か見出すものは無いかと考えに耽ってしまうらしい。
睡眠の検査ってすごいのね。頭に色々付けられて「クローンでも作るのか?」と思う勢いですよ。
「睡眠中の覚醒回数が多い」とか言われましても対策が無いなら単純に「対策が無い」と言って貰いたかったね。
ってな訳で付け焼刃的な睡眠薬で寝る→覚醒剤(ヤクではない。ちゃんとした(?)処方箋。念のため)で起きるというサイクルを作り上げた上で、
自律神経ホルモンの活性剤みたいなのも使ってます。

人間っぽくなくて割と自分がお気に入り。

  • Sloth
  • 怠惰。司る悪魔はBelphegol。
    “ある事”を確認する為に地獄から送られてきた者。
    ここでは余談ではあるが、大抵悪魔や神が期待することを人間がやってのけているのは女性の美しさくらいである。
    無論“ある事”は確認できずに終わったわけである。



  • pride
  • 傲慢。司る悪魔はLucifer。
    実際は悪魔ではない。悪魔としての姿はサタンの事である。
    大天使長の座に居たLuciferが神と、人間の境遇に嫉妬したと伝えられている。
    神に反旗を翻し、クーデターを起こすも失敗。
    地に落とされた姿がサタンとされる。



  • Gluttony
  • 大食。司る悪魔はBeelzebul。
    ルシフェルと同一視される事がある。
    古代バビロニアのバアル神の事。
    Beelzebulと読む場合は館の王という意味だが、
    Beelzebubと読むと蝿の王という意味にガラリと変わるのは有名。
    自尊心に訴えかけ、罪を犯させる。



  • anger
  • 憤怒。司る悪魔はSatanael。
    サタンの事。ヘブライ語で「敵対する者、反抗者」という意味。
    古代より普通の言葉として使われていた言葉故、歴史は古い。
    唯一神の側近をつとめていたが、自らが神の椅子に座ることを画策し天より追放される。
    また、最初の人間である者に罪を犯させる事もしている。
    これが原因で地上支配が出来なくなるが、地上にいる間に人間の心の中にデーモンを住み着かせることに成功し、人が肉体の殻を脱ぎ捨て天に上るということは無くなった。



  • lust
  • 淫乱。司る悪魔はAsmodeus。
    古代ペルシアのアンリ・マンユ(アーリマン)の部下の魔神。
    ソロモン72柱神のアスモダイと同一視される。
    色欲というより乱暴や狂乱と言ったイメージの方が強い。
    カトリック聖典で、ある娘に取り付いているところを大天使ラファエルに退治された話は有名。



  • envy
  • 嫉妬。司る悪魔はLeviathan。
    ユダヤに入った後は有名なLiwyathanと呼ばれるようになった。
    この世の終わりが来る時に、世界を支える役目が終わり、罪深いものを飲み込むとされている。
    実際に嫉妬を司ると記されているのは聖書の中であって、また別のパターンも存在する。
    後述。



  • covetous
  • 貪欲。司る悪魔はAmon。
    あらゆる神と同一視、あるいは同化していった事が貪欲という事につながっているのかもしれません。
    アモンには派生した名前が幾つかあり、それぞれで役目も性格も姿も違うのです。


    さて、一般的な聖書に基づいたのが上記ですが、その枠を越えた場合、どういった関係になるんでしょうか。
    タロットのように逆の意味での特性を考えると…










    七大罪  特性  悪魔
    怠惰 娯楽 Lilith
    傲慢 自信 Lucifer
    大食 成長 Moloch
    憤怒 集中力 Alastor
    淫乱 恋心 Belphegol
    嫉妬 向上心 Beelzebul
    貧欲 希望 Behemoth

    なかなか面白いもんですね。まぁ面白くない人はここまで見てないでしょうが。


    つぎに登場人物など。



  • シャイナ・ネラ・シャイナ(Sinna-Neutlarva-Sinner)
  • sinner。罪人。
    (neut-中立+lasva-幼い)で、恐らく未完全体のこと。
    つまり、未完全体の罪人が、7つの大罪を駆使して戦う事。

    ちなみに、サポートプログラム「ゲヘナ」は、煉獄の意味。
    煉獄の中で未完全体の罪人が、7つの大罪を駆使して戦う。



    時間が無くなっちったよ。
    この他にも敵にも神話を探ると色んな面白い話があって良いんですよぅ~
    絶対後で陽の目を見せたる!


    「そんなケチなこと言わないの!
     人知れず現れ、事件を解決去っていく。
     これが正義の使者ってもんじゃない?」

    .epilogue.
    彼女は破壊の使者だったのだろうか。
    踏み外した道を元に戻してくれた正義の使者なのだろうか。
    今は誰も覚えていない世界で彼女は戦ってくれた。
    もしまた人が道を踏み外した時、彼女はまた助けてくれるのだろうか。
    いや、きっと彼女はこう言うだろう。

    - ジョーダンでしょ カンベンしてよね! -


    イイッ! これぞ美しいゲームと言うに相応しい。

    #451なんですが。

    動きませんでした。なむ~~

    | コメント(0) | トラックバック(0)
    割と最高だった。 写真も撮って来たので。

    :追記:
    Bounceにて声を掛けてくださった女性の方、
    帰りに挨拶でもしようと思ったんですがそのまま帰ってしまいまして申し訳ありません。
    これを見てるとは思えないんですが一応気が済まなかったので。
    次回もいらっしゃったらご挨拶に参ろうかと。

    さっき睡眠導入剤を服用したのであと30分くらいで効いてくるでしょうから
    それまで日記でも(核

    そうだなぁ。何を書こうか。

    ダメだ。ネタは尽きている。
    心理ネタはあまり好まれないしねぇ。

    まぁ知らず知らずにマニュアルどおりに動く人にならないように気をつけよう(自戒

    skype:
    ログイン状態

    月別 アーカイブ