2008年1月アーカイブ

特に家庭を持つ方は是非冷凍食品のチェックを。

http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/01/3jt_bd42.html
 :中国毒餃子事件(その3)JT株の動きに掲示板で疑問ありとの声
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/01/6_bef9.html
 :中国毒餃子事件(その6)味の素も同じ工場から原料調達 対象商品を自主回収
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/01/7_fc2f.html
 :中国毒餃子事件(その7)江崎グリコも自主回収 加ト吉は自主回収品目に家庭用追加
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2008/01/8_9e76.html
 :中国毒餃子事件(その8)有機リン系農薬は餃子のなにに混入していたのか
他、「天漢日乗」さんには色々回収品のリストがあります。

http://ameblo.jp/vin/entry-10069137604.html
 :中国製冷凍ギョーザからメタミドホス
(トラックバック打てなくて失礼。。)

ここまではまあいい。みんなも気をつけてください。で、済むんだけど、

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080131-00000932-san-soci
#北海道、福島県、埼玉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、大阪府、沖縄県などで新たに「中国製ギョーザなどを食べて体調が悪くなった」との届け出があることが産経新聞の調べで分かった。
…これは便乗ってヤツじゃないのか?なんか賠償請求するつもりでやってるとしか思えん。。
健康被害系の報道は捏造の可能性を差し引いても、被害者の生存の有無は公表しない方がいいと思う。健康被害があるけれども死ぬほどではない場合に同じことをする連中が出てくるとも限らない。

まぁ、こういうのも恐らく経済的に貧しいから出てくるんだけどね。。インセンティブの問題に近い。。

http://cgi.itmedia.co.jp/quickpoll/html/mobile_080123.html
Willcom終了のお知らせ。って感じですよね!
仮に今の400万ユーザーの62%が解約したら152万人になっちゃいますなぁ。
PHSがいくらニッチだからって言っても、使ってるほうがおかしい(と少なくともWillcomユーザーである私は思っている)って思うんだからこうなるのも然りなんではないかと思うわけです。

競合相手が居ない市場はダメなのかも知れんね。。

昨日のトピックのってねぇし。
まぁdescriptionにinputとか書いてるほうも問題だけど(^-^;;

かんたん ふつう むずかしい 人外
10問 30問 50問
スタート

ありえないと思うけど、16bitのwindows(すなわち3.1)で実行するとクラッシュするそうです。eval使ってるから。
しかしインタプリタっぽく書くほうが好みだなぁ。。世の中の風潮と逆流してるわ。。(-_-;;

規制で締めるだけ締めて経済が回らなくなると・・・貧乏人から死んで行くんじゃないか?
サブプライムみたいな信用取引系の金融商品は一度クラッシュするとサーキットレースみたいにリタイアしたところが退場して終わる問題ではない。
簡単に言うと、債権(先物含む)が上がる → 原料が上がる → 価格が上がる → 消費者へ
みたいな図式になった時に、日本のような賃金労働者の手取りが上がらない場合、
消費者へ → 消費が冷え込む → 物が売れない(儲からない)から会社が人を切り始める → 自分もいつ切られるか解らない → さらに消費が冷え込む...
ってなるんじゃないか?

冷え込んだ経済になった場合は貯蓄が無い、いわゆる社会的な弱者から倒れていくだろう。生活保護に流れれば税金が上がってまた倒れる人が増えるだろうし、傷が広がる前に何とかしないといけないのは日本も同じじゃないかと思うが、サブプライムでの焦げ付きがあまり無いからって楽観してるような感じですよな。
もともと日本は経済指標みたいのが見えてこない[ところだから/ところだけに]相場が動きにくいのかもしれない。

http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/wx/330k/index.html
ああ、相変わらずケータイから5~6歩遅れてるなぁ(^-^;
・赤外線通信(ようやく)対応。しかし電話帳データは送受信できるが、カメラデータは送信できても受信できない。
・(やっと)microSDに対応。
・まだカメラは130万画素。

…これって既存の機種を変更する必要が全く無いような。。
現行の京ぽんはminiSDだけど外部媒体あるし、解像度も発色も同じだしなぁ。。
赤外線そんなに欲しいかな。。?
うーむ、、なかなか迷走してるように見えるけどな。。でもzero3系じゃ新規開拓は難しそうだし。。WiMAXで忙しいんでしょうか(笑

全然無いんだって?年末DoCoMoShop行ったときは普通にあったから違和感あるなぁ。。 カメラが非常にキレイでステキですな。(ってかね、PHSがへぼ過ぎんのよね(^-^;;) この905本体ははPHSで撮った。んで905で撮ったのは下のこれ 画素数が400万くらい違うからな。。勝負にならん。。(-_-;;

ある主体から別の主体に憤りが向けられる場合、殆どが恣意的な理由の積み重なりだとは思うのだけれども、
例:)
A:Bが嫌い 自分勝手だから
B:Aが嫌い 自分に対して否定的だから
など。非協力ゲームにおけるナッシュ均衡のような状態ですな。誘引する因子が無い限り(この例では相手を信頼するメリット)、自分の戦略を変更する必要が無い状態。ある意味では因子さえあれば改善が期待できる可能性があると言えよう。


では、恣意的でない理由でこういった状態になった場合はどうなるのか。
そもそもそういう状態がどんな時なのかが不明であるために例を出せないのだけれども…近いものとしては
例:)
ロボットA:ロボットBが嫌いとプログラムされている。
ロボットB:ロボットAが嫌いとプログラムされている。
のような。

...あれ?これってチューリングマシンの停止問題みたいなもんか?
うーん。。本当にチューリングマシンの停止問題と同義だとした場合、「恣意的でない理由」で対立が起こったら止める術が無くなってしまうなぁ。

というわけでみなさん、何かに憤っている時はその理由が恣意的でない場合は諦めて怒り続けるしかないようです。
ただ、これは受け側も送信側もチューリングマシンだった場合ね。人間はチューリングマシンではないので、問題が起こっても解決する主体が人間であるからこそ色々な答えが導き出せるのですな。人間って凄い。

しかし、片側がチューリングマシンだった場合はその対象に憤るのは止めましょう。全く意味がありません。
例:)
A:1+1を計算させたら「3」と出したい。
マシンB:1+1を計算したら「2」と出した。
A:キレる。
のような。
これはAさんがそういうプログラムを作るしかありません。
裏を返せば人間の方が万能であると考えた方が妥当であるってことですな。
やっぱ人間って凄い。

とかいうタイトルにするとアブナイ人っぽくて良いですね。

さて、このどーしようもない国で生きていると大衆向けメディアが如何に捏造に満ちているかがマヒしてくるかとは思いますが、これに惑わされないように今年も事実をしっかり確認して生きて行きたいと思っている所存で御座います。

世の中には「統計の85.7%が捏造である」というジンクスみたいなのもあります。
しかしこれが正しいかどうかは、目的によって変わるのです。ある視点では正しい結果だとしても別の視点では間違っていることかもしれない。そういう物の見方が重要になってくる。
例えば、こんなサイトがあります。
http://prog1968.at.infoseek.co.jp/wakareru/wakare2.htm
「カップルで行くと別れるというジンクスがある場所一覧」
なかなか面白いですねぇ。酒の肴にはこういう話はピッタリなんですが、さて問題です。ここに書いてあることは事実なんでしょうか?

信じる信じないは別として、計算してみようか。

「ある恋人同士でディズニーランドに行きました。」ということが3回あったとしよう。
A君とBさん
A君とCさん
A君とDさん
の組み合わせで、見事A君とDさんは結ばれました。おめでとう。
となったとき、
「恋人同士でディズニーランドに行きました。 → 別れました」の確率は66.6%になる。これで既に50%以上の確率で破談すると言っても正しいことになってしまうなぁ(笑
逆のことも言えると思うよ。例えば、

「ある友人同士でディズニーランドに行きました。」ということが3回あったとしよう。
AさんとBさん
AさんとBさん
AさんとBさん
の組み合わせで、見事AさんとBさんは親友のままでした。おめでとう。
となったとき、
「友人同士でディズニーランドに行きました。 → 仲良しで居られる」の確率は100%になる。えぇ~~!?無いわー(棒読み)

と言った具合で、統計は見る側の都合でどのようにでも解釈できてしまう代物であるから注意されたし。
面白いデータはここにもある。
http://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson2.html
「最近の若いもんは!!」なんて言ってる方々には注意されたし。言行一致が出来ていないひとは信頼する必要はありません。Webで確認するのは難しいんだけどね。その辺は慣れかな。


しかしこう考えると現代社会ってのは奇妙なパラドックスを孕んでいるようにも思える。教育では基本的に人を信頼するように(仲良くやっていきましょうね的な)教えられたような気がするが、、はて…「人が言っていることが本当かどうか調べる」ってのはほぼイコールで「信頼していない前提が存在」しているからこそ行う行為であって相反する概念のような気もする。…うーむ。。。

RSS発行cgiにバグがあったのに気づいた。これ使うようになってから初の年越しだったかな。。?
"@array"の値の数を"$#array"で見てたんだけど、これは配列に値が1つの時に0を返す。それを勘違いしてたようで。。(--;

http://news.goo.ne.jp/article/hatake/life/hatake-20080111-01.html
ようやくまともにこういう話をするようになってきたのかと期待したいところだ。
番組自体は知らないし興味も無いしそもそも自分が「テレビは真実を語らない」という疑い深い偏見持ちだからってのもあって見ていないが、地球温暖化が「問題」だとすればその問題の要点を意図的に捻じ曲げられている感じは分かる。

IPCCという組織がある。日本語では「気候変動に関する政府間パネル」という組織なのだが、個人的な意見を挙げると、「政府間パネル」って時点で既にうさんくさい。
すでに先進国となった国で利益を上げ続けるのは大変なのだ。だからこういう話を持ってきて儲けようとしてるのではないか?と。
http://tanakanews.com/070220warming.htm
こういう内容のテキストも世の中にはたくさんあるのに、何故IPCCの報告から外れたものは表立ってこないのか。

IPCCの言うとおりに温暖化対策をした場合とこれまで通りにした場合とで成長率のグラフを描いたものがある。池田清彦 著「環境問題のウソ」を参照されたい。
また、GDPと温室効果ガスの関係を示した
http://eco.nikkei.co.jp/column/article.aspx?id=20071204ch000ch&page=1

http://takedanet.com/2008/01/post_1840.html
だ。
つまり、どこもかしこも儲けようとするとそれに比例して温室効果ガスを発生させることになる。恐らくこの事実を知っているからこそこんなのができるのではないか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/排出権取引

欧米社会にはnoblesse obligeと言う考え方があって、「与えられたものには求められ、任された者には要求される。」みたいな福音書に記された考え方に由来している。
排出権取引はまさにそういう考え方に合致するものであり、また経済的にも言い方は悪いが経済力が無い国から排出権を買うことで資金が循環して良い方向に行くと考えているものと私はは認識している。

それに比べると、日本はそういった考え方が無い。
江戸時代には鎖国しており、位が高いものは何不自由なく暮らすことができた。それ故に温情も厚かった時代だったのだ。それが明治に維新が起こって階級社会が競争社会になった。それは競争して上に上がることができるようになったが、同時に蹴落とされる不安要因にもなった。人はいつしか財を溜め込み「自分が生きるのに不自由しない」ことを最優先とする考え方が蔓延した。そういった現代日本社会にnoblesse obligeなどと言っても解る人すら少ないだろう。

日本は昭和の時代に築いた経済の形を一度破壊しなければどんどん没落するだろう。
そして今の若者はそれに気づいているからこそ、転職が一般的になったり終身雇用を信用しなくなったりしているのではないだろうか。
残念ながら旧世代の遺産を信じているのは老い先短い方々だけだが、いずれ世代が交代した時、あなた方が今若者にしている仕打ちがそのまま福祉のカットなどのような形で現れるに違いない。

そしてこれ
http://news.goo.ne.jp/article/reuters/business/JAPAN-295268.html
個人的にはまだまだ下がるだろうと思う。当たり前だ。
一人が1億円持つのと100人が100万円持つのとどちらが消費に貢献するのかを考えてみればよい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/御手洗冨士夫
>キヤノンの役員報酬は2003年に1億3900万から2006年の間に2億2200万と二倍近くに引き上げている。

ちなみに、キヤノンは株主への配当も2002年から2006年に掛けて、4倍にしている。
http://www.mynewsjapan.com/kobetsu.jsp?sn=782

http://ja.wikipedia.org/wiki/日本経済団体連合会
>ホワイトカラーエグゼンプション(ホワイトカラー労働時間規制撤廃制度)の実現を促す提言をした。しかし、条件付で残業手当撤廃を主張する一方、ドイツ・オランダのような「残業禁止の義務化」には否定的である。
大体、このページって問題しか書いてないぞ。存在意義はお金だけか(笑)

二律背反なことをしている者がnoblesse obligeなど考えるだろうか?

そろそろ話を温暖化に戻す。
日本社会はルールに従った社会で生きてきたという考え方が強く、どう考えても「地球保全の目的」では無いのだ。欧州が成功してるから真似したとかそういうレベルなんじゃないか?
故に「eco**」みたいなバズワードみたいなのだけが先行し、実際に何をしてるのかの情報が入ってこない。「排出量**ダウン」とか売り出してるけど、自社開発の結果で公表するのはどうかと思う。自称芸術家が「自分の作品はここが凄い」って言うようなものだ。
だいいちみんな「eco**」をした場合は排出量が下がるはずなのになんで排出量が上がってるの?って疑問があるが、実際世帯当たりの排出量は下がってるから大丈夫だ。但し、人口減が原因の可能性もあるので油断はしないほうが良いと思うが。
http://www-gio.nies.go.jp/aboutghg/nir/nir-j.html
しかし、ニュースではこういう話もしないよね。つまり何が目的かが無いんだろう。
メディアは興味を引くのが仕事であり、真実や事実を伝えることが仕事ではないので、モラル(noblesse obligeと言ってもいい)が無くなればこうなることは必然なのだ。

メディアに従うことが目的になったら、その結果を受け入れる責任がある。
しかし批判ばかりするのではなく正面から考えることが大事なことなんじゃないかと思う。人々が自主的にそういったことをするようになれば、もはや大衆メディアは必要なくなるだろう。
時代の波が今後どう押し寄せてくるかは解らないが、少なくとも現在は我々から見て上の世代が下を考えてると言うことは万が一にも無い。
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50968176.html

「搾り取られたから後になって搾り取れる」見たいな考え方の人間にはならないようにしたいものだ。

skype:
ログイン状態

月別 アーカイブ