2010年3月アーカイブ

P1010082.jpg

P1010083.jpg

Tranceのパーティはすんげー久しぶりだったけど楽しめた!!

Mat zoは最近のAnjunabeatsで唯一聞いてた人なので純粋に興味もあったし、
どんな曲でフロアを作るのか楽しみだったけど、期待通りでした♪

最後Out of Minorityだったか??盛り上がりすぎじゃろw

P1010081.jpg

ブランデーグラスって何でこんなステキなのっ!!
久々にヘネシー飲んだけど、やっぱり安定しておいしいね~。

Landscape Music:Anjuna World Wide
いて来ま~~す(/≧▽≦)ノ
チョー久しぶりのWombですゎ~!!なんやかんやでWombってTranceのイベントでしか行った事ないかもしんない(笑)
タグはちょと的が違うけど、Tranceってタグが無いのでご容赦。

中で会ったらよろしくね~('-^*)/

つーかなんでこんなブログが引っかかるのか解らんのだが、ポツポツとサーチエンジン経由で来る方がおられるようだ。
なので両国の財政危機がどう違うのか書いておく。

前に書いた件はトラックバック先から読んでもらうとして、
わが国はおおよそギリシアの10倍の借金を毎年毎年繰り返しているが、
こんな状態でもギリシアより格付けは高いまま維持されている。これはどういうことなのかというと、「国債をもってるのが自国民なんだから自費でヘッジするようなもん」とか「ギリシアはそもそも国家レベルで粉飾決済してたから信用できるわけねーだろ」みたいな事がある。

前者は日本国債を誰が所持しているのかを見ればわかるが、
おおむね日本郵政・メガバンクなどが日本国債の所持者になっていて海外は3~5%前後なので、資金の引き上げがあってもほとんど問題が無い。
ちなみにアメリカは33%前後、ドイツが40%前後が海外の保有者なので、悪く言えば資金の引き上げがあると危ない。よく言えば市場から信頼されていると言える。
日本国債に債務不横行が起こっても日本国債の所持者(=日本国民)が死ぬだけなので、外国から見ればただの自滅であり特に問題が無い。むしろハイパー円安になってサムライ債の償還が楽になって逆に喜ぶかもしれない。位の勢い。
税収で利払いが出来てるうちは平気。ってのも前に書いたがあるかもしれない。

後者は一昔前に問題になったがこのあたりの問題のことだ。
この事が表面化したことで、国債の利払い(いわゆるソブリンリスク)費が跳ね上がった。利率を高くしないとリスクを受けてくれる所が無いのだ。そりゃ借金の額を騙す奴を信用したくないわな。ってこと。
ギリシア自体は発行する国債の利率を4.5%前後と試算したようだが、マーケットからは6.3%前後を叩きつけられた。(ちなみに日本国債は1.4%弱)
これほど計算が狂ってくると今すぐは何とかなっても直ぐに財政の体制(赤字体制)を何とかしないといけないが、こないだ公務員の給料下げるって言ったらストが起こってましたね。事故は起こるまで事の重大さがわからないもんなのかもしれない。日本を含めて。


このように、ギリシアは火急の対策が必要なので話題を振りまいているのに対し、
日本は静かに勝手に沈んでいるような状態であると言えよう。

毎日新聞:MS、「Windows 7」の「XP Mode」でハードウェア仮想化対応の要件を廃止

これでややこしかったVT-x/VT-dの確認をする必要が無くなった。
恐らくソフトウェアエミュレーションするっぽいからパフォーマンスは落ちるだろうが、移行のハードルは大幅に下がるんじゃないかな。

誰かXPmodeでの重いベンチマークでも出してくれるといいのにね。

例えばAさんとBさんが居ると仮定する。
このときAさんがBさんに何かを伝える行為の一連がある場合、

01.AさんがBさんに伝える内容を考える(思考)
02.AさんがBさんに何かを実際に伝える(動作)
03.BさんがAさんから伝えられたことを自分の持つ言葉の意味と照らし合わせる(思考)
04.BさんがAさんから伝えられたことを自分の理解として落とし込む(思考)
05.BさんがAさんへ「OK」と返す(動作)

週足@GBPJPY
ザイ!FX:英ポンド/円(週足)

120円台に足突っ込むようならまたカフス買っちゃうぞw

skype:
ログイン状態

月別 アーカイブ