2011年6月アーカイブ

来週に迫ってきたIPv6 Dayだけど、Microsoftが注意喚起している。
Microsoft:重要:World IPv6 Day に関する重要なお知らせ

とてつもなくややこしい説明で、さすが「世界一ヘルプが役に立たない」と言われただけある。
要約すると、


・Internet Explorer7、8のどちらかを利用している
 +
・インターネット回線が「フレッツ光」である
 +
・ホームルータを利用しない直接アクセスである or IPv6に対応したホームルータを利用している

これらを全て満たす場合、6/8に閲覧できないページが発生する可能性がある。

XPの場合は単純。
IPv4→IPv6の処理をルータがよきに計らってくれると、フレッツのインターネット網に閉め出される。フレッツ光がIPv6でインターネットサービスを提供していないため。

Vista以降のWindowsは、IPv4とIPv6双方で通信するプラットフォームを持っていて、ハンドシェイクがIPv4で来ればIPv4、IPv6で来ればIPv6で応答するようになっている。デフォルトはIPv6を使用する。
フレッツ光のインターネット網はIPv6の"インターネットアクセス"を拒否するので、IPv4でアクセスしなければならない。
しかし、フレッツの回線はIPv6そのものをを拒否するわけではないので、Windows側はIPv6通信OKだと誤認する。優先順位の高いIPv6で通信しようとしてフレッツ網に接続を遮断される現象が起きる可能性がある。というわけ。

理屈はどうでも良いからどうすれば良いのか書きやがれ。という訳ですね。分かります。
ココにアクセスしてみましょう。
あなたの IPv6 接続性をテストしましょう。
ここでOKと表示されればとりあえず大丈夫。

このサイトは携帯では利用できません。携帯は閉域網にアクセスして実データはフォワードプロキシが取りに行く仕組みなので、問題が起きる可能性は低いです。
しかも、もし障害が起こったとしても携帯側で対応できることは何も無いので、
6/8にネットに繋がらなかったらキャリアに盛大にクレームしてあげてください(笑)


もし6/8にインターネット接続の異常があった場合、
どんな感じだったのか具体的に教えてくれると嬉しいなぁ。

Windows7にNFSマウントできるクライアント機能があるんだけど、
驚くべきことにProfessionalでも利用できない。

Microsoft的にはビジネスPC&ネットワークは全てWindowsで動いてるんだね。

Ultimateの人は、

コンパネ

プログラムと機能

Windows機能の有効化または無効化

NFS用サービス
└NFSクライアント←コレにチェックを入れる。

でOK。

マウント:

mount -o nolock \\[SERVER]\[SHARENAME] *

アンマウント:
umount [DRIVESYMBOL]:

nolockしないとcmdがi/oをブロックするようだ。
バッチファイルで何かをコピーしたり持って来たりする時は、nolockしない方が安全。

skype:
ログイン状態

月別 アーカイブ