Newsの最近のブログ記事

NHK:2009衆院選
今の時点で既に歴史にはないような状態になっている。

ただ、強い人は強いなぁって印象があるかなぁ。ネガキャンでひっくり返ってるのは本当に不祥事で自爆した人(朦朧会見な人)とかだけで、「その方がみんな面白いんだから。それは日本国の程度を表している。国民の程度かもしれない。」って発言した人は現時点で当選確定だったりする。

浮動票が動いてこの結果になるだけなら、むしろ自民党は体勢を立て直すことに注力すればいいんじゃないかな?自身の力と思えない民主勢力は支持がハリボテじゃないことを示すのにむしろこれからが大変だろう。


個人的にはマニフェストに期待してみんなの党に頑張ってほしいんだがなぁ。。

経済危機で東欧で政権崩壊ドミノ ラトビア、ハンガリー、チェコ
ハンガリーの格付けを「Baa1」に引き下げ=ムーディーズ
アイルランド、S&Pの「トリプルA」格付け失う-財政赤字拡大で
欧州中銀:政策金利引き下げ 資金供給拡大へ

EUは通貨の価値を下げすぎると、下げた分だけ借金が膨らむから迂闊に利下げできないのだ。ドイツ・フランスの経済はEUでは堅調だが調子が良い訳でもないのに、メルケル女史は「財政出動する気はない」と言っている。
これは、同じEU内でのお金の回し方に非常に苦慮してる様子が窺える。財政出動で出費をするより東欧の処理が先。ということだ。拠ってユーロ圏はこの先長い不況に苦しむことになるだろう。
しかし通貨が弱くなるかどうかは話が別で、むしろ下げすぎると借金が雪だるま式に膨らむような状態なので、暴落と言うところまで落ちることは無いと思われる。
中国との関係で気になる所では、TAX HEAVENの魔女狩りもスイスが逃れられなかったくらい逼迫しているのは記憶に新しいところだ(OECD、タックスヘイブンのブラックリストに4カ国を掲載)が、中国はマカオのリスト入りを拒んだ。少し前にチベットの話を書いたりした通り、明らかにパワーバランスが金融危機の前と違う。
これからコモディティの時代に入ると思うが、そういう流れでも中国は強い状態を維持するだろう。これからどれくらいEU圏が中国の軍門に下るか注視したい。

クレジットデフォルトスワップはこの辺が見やすいか。。
新興国CDSスプレッド
大和住信投信レポート(PDF)

CDSスプレッドは調べるのが大変だ。。何か良いとこがあると助かるんだけど。。

(※16:20 誤字があったので修正した。「言い訳」⇒「良い訳」)

麻生首相は「最格下」扱い?周囲やきもき

この金融危機でもルールを破らないってことに何の意味があるんだろうか。日本からカネを巻き上げるにはそういうルールを作っちまえば良いんじゃね?って話でもしてきたのかねぇ(笑
評価は手腕とルールとの相関は無いと思うが、多分「何を以って成功なのか」すら無い(伝わらない)から迷走するんだろうなぁ。

と、日本人が言うのも妙な話に思いますがね。。

フランスが軍門に下ったようだ。
中仏両国が関係修復 『チベット独立不支持』
中仏、首脳級会談復活へ 共同声明発表、チベット独立支持せず

EUは東欧の処理で大変だからなぁ。人権問題は景気が良い時にしか解決出来んだろうな。
フランスも超速攻で態度が180度変わる潔さが良い。隠したって仕方ないもんね。

ロイターより。
米政府は一部の大手銀行を破たんさせるべき=共和党幹部

日本はここで、銀行をゾンビにしてそのゾンビの保存料を税金で賄った。
日本と同じようにしちゃいけないって言ってるけど...どーなることやら。。

さっき落ちた話題書いたのに復活したみたい。
8/4のデータで暫定再開だって。。

Doblogのサービス停止について
普通の企業なら信用が地に落ちますよね。こうまでしてNTTを巨大にしておく意味って何なのかねぇ。。
...と思ったら面白い記事を書いておられる方が居た。
TABLOG - NTTデータDoblogの障害を見て~やはり辞めてよかったと思う元社員

「ブログが一週間も落ちっぱなし」ということが、このネット社会でどんだけ「分かりやすい恥さらし」になり、今後のシステム提案でもマイナスイメージになるのか、経営陣は分かってるのだろうか。

個人的な愚考なんだけど、利権構造って脊髄反射のようなものだと思うのでここまで巨大な企業になるとマイナスイメージが多少付いた所でどうなることでもないような気がしますが、最も大きな損失はおそらく「NTTデータ」のブランドイメージの損失でなく、「NTTデータで働いてる人」のイメージの損失かと思います。
例えばビジネスのシーンで、「NTTデータ」の名前を出すとOKだけど、いざ話に入ると「あの人はDoblogに関わってるのか?」のような構図が最もかわいそうだと思う。
ここで言う「あの人」は実は内部の問題点を指摘した人の可能性もありながら、さりとて失敗に携わった人でもある。こういう評価はどうするんでしょうね。

こういった弊害を避けるためにTABLOGの管理人さんが選んだ選択は最も正しい選択だったのかもしれない。と思う一方で、NTTデータに入ったばかりでこういう災難にあった方も居られるだろうと思うと平等じゃないなぁとも感じる。
一つ明らかな解は「行動すること」じゃないかな。転職じゃなくても問題解決に向かって動くこと。コレが出来れば今はイメージの損失だったとしてもいずれは挽回できるでしょう。

かんぽの宿 税評価額、簿価の7倍 79施設で857億円
たかだか857億円にこんなにがんばるのに、国の借金のには無頓着なんでしょうか。

国の借金の状況は?

国の国債残高は553兆円にも上ると見られています

かんぽの宿って持ってるだけで年間40億円の赤字だったんですよね。それを手放すのは大いに経営再建に寄与するはずです。ましてや郵政が国営だった時にはこれ全部税金で運営されてたんですよ?なんで怒らないんだろう?ほとんどこういう話になると毎回書いてるけど、日本人って全体的にマゾ過ぎですよ。税金多く取られる方に賛成して疑わないんですもの。そんなに取られるのが快感なんだろうか。

こういった事情があるので私は郵政民営化は大いに賛成だしこれからも賛成ですが、
どうやら世間は逆の方向に行くみたいですね。
郵政民営化のカラクリを分かりやすく暴いた鳩山邦夫総務相。

そもそも論はあまり意味が無いんですが、固定資産税評価額が相場より低いって価格が最初に提示された時点で先に気付くべきですよね?そういう責任問題にすりゃ良いだけじゃないの?これなら「郵政ろくな仕事してないな」って回りくどいことをしなくても出来たはずなのに...小泉元総理の人気を落としたいだけかなぁ??
今になってわざわざこういう話になるって所にふつふつと疑問が湧いてきます。
まだ何か表沙汰になってないことがあるんじゃないでしょうか。
無論、これは予想ですけれども。。

これで「かんぽの維持費が足りない」とかになったらブーメランですけどね(笑
多分その辺は郵政に運営押し付けるんでしょう。40億円の赤字を押し付けて自分らは何もしない。これを官製不況の原因と言わずしてなんて言うんだろう?

臓器移植は自国で...渡航移植、制限の可能性
この制限をしたところで臓器の提供を待つ人間の方がドナーより多くなるからダメだと思う。
人工でない臓器移植の究極的な命題は、サービスを受ける側に臓器を安定供給できないところにある。この結果&最悪の場合、貧しい国が人間を売買して臓器を売るようなことが起こる可能性がある。もしそれが起きていたとしたら人の命を救うのに人を殺すなんて本末転倒だ。すでにハイチ辺りで人身売買(奴隷として。だが)のような話があるし、こういったことが起こっていないとも限らない。
提供されている臓器が、本人の意思であることを確認できる仕組みが最低でも必要だ。これすらも汚職があったり組織そのものを則られると無意味であるから焼け石に水。。とは思うが。。
あと、提供される側にそういった問題がある認識があるんだろうか?例えば移植を受けなければ自分が死ぬのと、出所不明な臓器があって、出所を調べる時間がありませんと言う場合、かなりの確率で移植を受ける方を選ぶんじゃなかろうか。
これはその選択そのものに問題があるわけでなく(自分が生きれると言う意味では合理的な解だからだ。)、選択権がそもそも無いようなものである部分がまずい。そういったいわゆる道義的なことを考えないのも自由だし、生きる選択も死ぬ選択も自由であるが故に、責任は提供された側には存在しない。こういう議論はちゃんと行われてるんだろうか?
臓器移植をするために国外へいくってのも妙な話だ。国内の仕組みを変える方に注力した方がどう考えても合理的と思うが、これは保守的な国じゃ難しい問題なのかもしれない。
しかしこういう仕組みを悪用した「救う会」を装った詐欺事件も起こっている以上、もう少し真面目に考えてもいいんじゃないかと思う。
善意で寄付した人が後からこういった詐欺を知ったら(救う会に限らず自然災害関係の募金も同じだ。)、どう思うかなどはさくらちゃんを救う会 検証このあたりでも見れば解るだろう
心情や善悪はともかく、こういったサイトがないと正確な情報が上がってこないのも問題だ。自己申告が虚偽な場合どうしようもない。
この会も散々調査された挙句会計不備を認めたが、募金の返金は拒否している。間接的な臓器移植犯罪じゃないのかね。
詐欺に関してはwikipediaが詳しい

ともあれ、臓器移植に関しては上記の問題が解決できなければ自分は反対の立場だ。
人工で製造できるなら、供給量に不備が生じる可能性がなくなるはずなので、そちらは問題ないと思う。
まだ生まれて間もない分野だからある程度混乱があるのは仕方ないが、解決に向かってるとは思えない分野でもある。解決に向かわないってことは、誰かが何処かで甘い汁を啜ってるんじゃないの?と思ってしまうのである。そう疑われないようにしっかり問題に向き合ってほしいものだ。

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/01/30/011/index.html
なかなか面白い(と言ったら失礼なんですが)ことをするなぁ。。
とおもってタイトルにあるような疑問を持った。

普通に考えたら業務が正常に回った方が、正常を前提に仕組みが出来ているから経済効率も良いように思うけれども、結果的に正常に向かうから掛けたコストだけ無駄遣いしてくれるって考え方も無くはない。。

うーん。。業務効率にも寄るのかなぁ..

skype:
ログイン状態

月別 アーカイブ