Programの最近のブログ記事

grepいいよね。
使いこなせるようになるとなんでもgrepの正規表現で済まそうとして、
実は便利なオプションがあることに気がつかなかったりするとかね。

備忘録

| コメント(0) | トラックバック(0)

Proxy越しに内部リソースにアクセスする際とかに、
pathを合わせてくれるモジュールたち。

来週に迫ってきたIPv6 Dayだけど、Microsoftが注意喚起している。
Microsoft:重要:World IPv6 Day に関する重要なお知らせ

とてつもなくややこしい説明で、さすが「世界一ヘルプが役に立たない」と言われただけある。
要約すると、


・Internet Explorer7、8のどちらかを利用している
 +
・インターネット回線が「フレッツ光」である
 +
・ホームルータを利用しない直接アクセスである or IPv6に対応したホームルータを利用している

これらを全て満たす場合、6/8に閲覧できないページが発生する可能性がある。

XPの場合は単純。
IPv4→IPv6の処理をルータがよきに計らってくれると、フレッツのインターネット網に閉め出される。フレッツ光がIPv6でインターネットサービスを提供していないため。

Vista以降のWindowsは、IPv4とIPv6双方で通信するプラットフォームを持っていて、ハンドシェイクがIPv4で来ればIPv4、IPv6で来ればIPv6で応答するようになっている。デフォルトはIPv6を使用する。
フレッツ光のインターネット網はIPv6の"インターネットアクセス"を拒否するので、IPv4でアクセスしなければならない。
しかし、フレッツの回線はIPv6そのものをを拒否するわけではないので、Windows側はIPv6通信OKだと誤認する。優先順位の高いIPv6で通信しようとしてフレッツ網に接続を遮断される現象が起きる可能性がある。というわけ。

理屈はどうでも良いからどうすれば良いのか書きやがれ。という訳ですね。分かります。
ココにアクセスしてみましょう。
あなたの IPv6 接続性をテストしましょう。
ここでOKと表示されればとりあえず大丈夫。

このサイトは携帯では利用できません。携帯は閉域網にアクセスして実データはフォワードプロキシが取りに行く仕組みなので、問題が起きる可能性は低いです。
しかも、もし障害が起こったとしても携帯側で対応できることは何も無いので、
6/8にネットに繋がらなかったらキャリアに盛大にクレームしてあげてください(笑)


もし6/8にインターネット接続の異常があった場合、
どんな感じだったのか具体的に教えてくれると嬉しいなぁ。

Acme::oppai
Acme::Oppai

こんなのがPerl公式でダウンロード出来ちゃうところが素敵だが、
やたらと動作が凝っててまた面白い。


#!/usr/local/bin/perl
use Acme::Oppai;

print "

";
print Acme::Oppai->Oppai->Oppai->Oppai->Oppai;

実行結果

    _  ∩
  ( ゜∀゜)彡 おっぱい!おっぱい!
  (    | 
   |   | 
   し ⌒J
    _  
  ( ゜∀゜)  おっぱい!
  (  ⊂彡
   |   | 
   し ⌒J
    _  ∩
  ( ゜∀゜)彡 おっぱい!
  (    | 
   |   | 
   し ⌒J
    _  
  ( ゜∀゜)  おっぱい!
  (  ⊂彡
   |   | 
   し ⌒J

3回目以降はメソッドの数だけ自動的に腕を上げ下げしてくれる。
任意のメッセージをしゃべらせることも可能で、サンプルのとおりにすると...


#!/usr/local/bin/perl
use Acme::Oppai;

print "

";
print Acme::Oppai->oppai('今年も')->oppai('残り')->oppai('2ヶ月!');

実行結果

    _  ∩
  ( ゜∀゜)彡 今年も
  (    | 
   |   | 
   し ⌒J
    _  
  ( ゜∀゜)  残り
  (  ⊂彡
   |   | 
   し ⌒J
    _  ∩
  ( ゜∀゜)彡 2ヶ月!
  (    | 
   |   | 
   し ⌒J

となる。
Oppaiをoppaiにすると小さいAAになるようだ。小さいAAと大きいAAを混在させても大丈夫。
内輪用のftp@ウェルカムメッセージとかに仕込んどくと面白いかもね~(笑)

http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/prog/1169899012/

これは本当に注意しないといけないのかもしれんwwww
いくつか抜粋。
------------------------------------------------
1 仕様書無しさん :2007/01/27(土) 20:56:52
マ「親が先に死んだら落ちるっしょ
  だから先に子供に命令して孫を殺して
  んで、全部死んだら子供を殺して
  で、子供が死んだ所で親も死ぬ」
------------------------------------------------

普通すぎるよね。「死ぬ」「殺す」「自殺」とかよく言う。
「あれ~?自殺しないなー...殺すか」
なんて日常茶飯事ですよ!!
------------------------------------------------
8 仕様書無しさん :2007/01/28(日) 03:24:19

マ「man co」
一般人「イキナリ何を!?」
------------------------------------------------

ホントにこのコマンドがあるんだよww
http://www.linux.or.jp/JM/html/GNU_rcs/man1/co.1.html
最近はcvsの方が主流か。
------------------------------------------------
23 仕様書無しさん :2007/02/15(木) 21:34:04

マ0「修正めんどくさくて」
マ1「危険だけど全部置換しちゃえば」
一般人「痴漢!!」

無理があるか・・・
------------------------------------------------

オイラは「おきかえ」って言う派。置換は犯罪!(違)
------------------------------------------------
45 仕様書無しさん :2007/02/24(土) 19:04:02
(オーバーフロー時の動作検証)
デカいのブチこんでみて

49 仕様書無しさん :2007/03/22(木) 22:17:02
>>45
「適当にマワしてるときは全然ヘーキそうだったのに、
試しに一番デカいやつブチ込んだら一瞬でイきやがったwwww」

職場じゃこれ普通に通じるな...。
------------------------------------------------

(..;)ゞ
カゲキ発言の耐性はこうやって取得されたのか。納得(ぇ
------------------------------------------------
77 仕様書無しさん :2008/01/17(木) 03:23:25

では今日の実習ではタイマを作ってみましょう
------------------------------------------------

取り締まられちゃうよwwwww


でも業界用語ってPGに限らず他にもヤバイのありそうだけどな~。

最初どこにも情報が無くて唖然としてたけど、ようやく有力っぽい記事にめぐり会えた!

Paradigm Shift Design:IE8でセッションがブツブツ切れる現象について

session_start()で1回、明示的にsetcookieを呼び出して1回、計2回クッキーが送信されることになります。

firebugで見てみると、

Set-Cookie
TEST_SID=9124aae2f8b09c6db00c887fa2173a1f; path=/
TEST_SID=9124aae2f8b09c6db00c887fa2173a1f; expires=Fri, 28-Aug-2009 08:53:45 GMT; path=/

ってな感じです。


実はこちらはC@ApacheModuleで実装しているんだが、原因はほとんど同じっぽい。
apr_table_set(r->headers_out, 'Set-Cookie', Cookie_Value );
apr_table_set(r->err_headers_out, 'Set-Cookie', Cookie_Value );

何故こんなことをしているかというと、Apache2.0系のHeaders_outは何故か正常なステータスコードの時にしか送信しないのだ。
つまり、headers_outでCookieをセットしたつもりでその先の処理に渡した結果、
特に302 Found, 304 not modifiedのときにCookieがセットされない結果になってしまう。
こいつはどうやって回避したもんかと、両方仕込んだら上手く動いたので両方仕込んでおいたのだが...まさかこういう結果が待ってるとは思わなかった...(-_-;;

こちらの実装では全く同じCookieを2回送っているが、それでも同じ現象が起こってるので、Set-Cookieを2回送ること自体がNGのような感じなので、ひとまずerr_headers_outを切って様子見。。


...あ!IE8を窓から投げ捨てるのが一番い(ry

と、思いきや...php:mb_encode_mimeheader

注意: この関数は、行を分割する際に特別な配慮(単語の区切りなど)を行いません。
このせいで、もとの文字列に予期せぬ空白が入ってしまう可能性があります。

と書いてあった。
え、ちょっとまって...!単語の区切りを配慮しないならなんでmb_とか付いてるんだよ!?
全然マルチバイトの配慮がなくてダメってことじゃないか!

mp3のid3タグを抜ける便利なツールなんだけど、これを使うと


[title] => Array
(
[0] => Track 10:30 - Scan X Remi
)
[artist] => Array
(
[0] => D-Sa
)
[album] => Array
(
[0] => Track 10:30 feat. Scan X Remi
)
[year] => Array
(
[0] => 200
)

のように最後の1文字が抜けるのは何故なんだ??
自分でparser作る暇はないし、なんか有用な情報は無いものか。。
せっかく持ってる曲をDB化しても微妙な感じになってしまう...

忙しくて全然書けません。
書こうかな→何書こうとしてたんだっけ?
のループ。ホント歳だなww

nXbpsはmYb/s?
)例:100Mbpsは何バイト/秒?
とかの簡単な計算機が何で無いのだろう?と思って作ってみた。

skype:
ログイン状態

月別 アーカイブ